NEXX,A4を1.6秒で高速スキャンできるハンディスキャナの決定版IS19を発売
?4色のカラフルなボディ色選択と、ハンディスキャナの限界を克服した多彩な機能性をフル装備?
?既に全米10万台以上の先行販売実績の人気商品、日本で初リリース?

【2012年9月20日 東京】

電子機器ソリューション開発・販売を進める株式会社NEXX(東京都千代田区、代表取締役 由利義和、資本金9,520万円)は、ハンディスキャナとしては驚異的な1.6秒(300 dpi)の高速でスキャンでき、従来モデルのすべての弱点を克服した新コンセプトモデルIS19 と上位機種IS19 Plusを発売しました。IS19はハンディスキャナ単体、IS19 Plusはフィーダー・ドックが添付され、小型のはがきや名刺、手書きメモ、領収書などを簡単にスキャンできます。また、パテントのブックエッジ技術で厚い本でも綴じ目まできれいにスキャンできる機能をもち、PCを介さずに単体でPDF生成可能。スマホやタブレットへの取込みが簡単で、ユーザーは年代を超え、女性と男性、学生の勉強から家庭に一台、ビジネスデスクまで、だれにもフィット。本当に使える機能派デザインです。

アメリカのテレビショッピングで10万台以上を完売した実績をもち、ヨーロッパ市場でも年末の需要期に向けて早くも人気が高騰している注目商品の日本語版初リリースとなります。

発売モデルは2機種です。
(1) IS19    スキャナのみ            定価:12,800円(税込)
(2) IS19 Plus スキャナとフィーダードックのセット 定価:19,800円(税込)
ボディ色は、白、青、赤、紫の4色から選べます。

販売経路は、発売当初はパーソナルユーザー向けにネットショップ( NEXXダイレクト、楽天NEXXマート、Amazon、もしも通販提携加盟店他)、法人需要は直販およびダイワボウ情報システム株式会社他の流通販社経由。幅広い販売チャネル構成で、年末に向けてプロモーションを開始します。受注開始9月20日、出荷開始9月28日です。

製品の特長の詳細は弊社ホームページないし添付別紙(製品データシート)をご参照ください。 下記に概要を御説明します。

製品の特長

【驚異的な高速スキャンが可能なハンディスキャナ】
A4サイズ1ページを驚異的な1.6秒の高速でハンドスキャンが可能(A4カラー300dpi)。
作業スピードが極めて速く、あらゆるシチュエーションで実用的に使えます。

IS19は、最大用紙サイズとしてはA4サイズから、レター・リーガル両サイズまでをスキャン可能。 高精細カラーイメージセンサーにより、解像度600または300dpi、24ビットTrue Colorでスキャン。カラー・白黒(グレー)スキャンの設定可能。

【PCなしでもPDF生成】
PCなしのスキャナ単体処理で、JPEGかPDFファイルのいづれか選択した形式で出力し、スキャナに装着のmicroSDTMに保存します(最大32GB)。 スイッチオンして起動し、用紙をなぞるだけで手軽に何でもスキャン。 今回採用された新技術の数々により、ハンディスキャナとしては最も安定したパフォーマンスと、これまでにハンディスキャナが限界としていた、ほとんどすべてのユーザーニーズを満たす機能が装備されています。

【安定したハンディスキャン / プレビューLCD】
2つの平行したローラーを使用した構造で、スキャン操作が安定し、ADFスキャナでのスキャン並みに安定した画像の取込みができ、スキャン時のゆがみが防止されます。また、カラーLCDパネルで、取込んだばかりの画像をチェックできるので、スキャンの取り損じがありません。

【厚い本のページをきれいに撮れるブックエッジ】
厚い本のページ全体を綴じ目まできれいにスキャンできるパテント技術のブックエッジ(BookEdgeTM)構造をハンディスキャナにも適用しました。スキャナの端から2.3mm。厚い本のページを簡単に綺麗にスキャンできるのは、IS19だけの特徴で、これまでのハンディスキャナではできなかった技術です。

【スマホ、タブレットとの簡単連携】
スキャナが単独で生成したPDFファイルなども、スキャナのminiUSBポート経由、簡単にスマホやタブレットで使えます。(注:スマホ、タブレット側にPDFリーダーの搭載は必要)

  • iPadに画像を直接取り込み (カメラユニット必要)。
    ( iPhoneにはiTunes経由かDropBox等で同期)
  • Android 4.0 以上のスマホ、タブレット(OTG機能)には画像を直接取り込み

【フィーダードック付き/自由な着脱】
IS19をフィーダードック(IS19 Plusに標準添付)に装着するとシートフィード型のモバイルスキャナに変身。 ハンディスキャナだけではできない、名刺やはがき、手書きのメモ、領収書など、A4より小さい形状の用紙をスキャンして自動切り抜き、保存します。 大きいサイズの文書も、リーガルサイズまでを取り込めます。

【単3電池形充電式バッテリーとチャージャー標準添付】
IS19ハンディスキャナは、電源に単三電池形の充電式バッテリー2本(標準添付)を使用。バッテリーチャージャーを標準添付しました。ユーザー側で予備の充電型バッテリーを1セット用意しておけば、作業がバッテリー切れで中断される心配は全くありません。

(従来のバッテリー内蔵型ハンディスキャナに見られた充電中の待機時間や、従来の乾電池使用型スキャナに見られた頻繁な電池交換(購入)からユーザーが解放されます。因みに  A4サイズ用紙の連続スキャンで電池の寿命は100枚程度です。)

【4色から選択、美しいスタイリング】
スタイリングも、コンパクトなボディに、カラフルな4色のボディカラーが選択可能。女性にも男性ユーザーにもフィットする楽しいラインアップです。

【幅広い用途場面】
使って楽しいパーソナルユーザーから、ビジネス用途をもつ法人ユーザーまでが、あらゆるシチュエーションで、幅広く、楽しく、実用的に使えます。

【添付の文書管理アプリを活用】
各モデルには、Presto! PageManager7をスキャンドキュメントの編集・管理用PCアプリとして標準添付。 
スキャンされた写真や文書、インポートされたビデオ、オーディオファイルの共有、整理等を容易に支援する簡単なドキュメントアプリです。

  • 画像ファイルから21ヶ国語のOCR。 Excel, Word, Powerpoint他へ出力。
  • ドラッグアンドドロップでファイル形式の簡単な変換。
  • 簡単・効率的な文書整理
  • マルチメニューの画像補正と注釈ツール
  • 異なるファイル形式のスタック
  • ファジー論理による簡単な全文検索 他


【他の仕様】

スキャンスピード(A4): 300dpi 白黒:0.6秒
300dpi カラー:1.6秒
600dpi 白黒:2.4秒
600dpi カラー:6.5秒
省電力(自動電源オフ): 3分 (可変 1.5、3、5分)
寸法(スキャナ単体): 41 x 258 x 34 mm
重量(スキャナ単体): 約 250g
最大原稿サイズ: 216 mm x 355.6 mm
最小原稿サイズ: 88 mm x 50 mm
用紙重量: 16?28 lbs
電源
(フィーダードック用電源):
入力:100 - 240 VAC、50/60Hz
出力:5V、1A
消費電力: 1.2W

製造元情報

製造は台湾に本拠をおく世界的スキャナ大手製造メーカーのAvision, Inc.です。世界の大手スキャナブランド各社へのOEM製造と多彩なスキャナ関連アプリの開発を主体とする会社で、大量・高信頼性の製造実績と、世界各国のプロジェクトへの対応経験を豊富に持っている世界的最大手の製造メーカーです。 日本においては、株式会社NEXXを通じ、日本語版製品開発のコラボレーションと販売、各ビジネスプロジェクトへの対応を通じて、日本の数々の文書管理プロジェクトで採用され、SIとユーザーを支援しております。
以上

-----------------------------------------------------------------------------------
※本製品はAvision社により製造され、販売元は株式会社NEXXです。
※本文中に記載されている製品名は、一般的に各社の商標または登録商標です。
-----------------------------------------------------------------------------------

株式会社NEXXについて;

ドキュメントソリューションとデジタルサイネージなどを中心にした、アプライアンス型電子機器ソリューションの開発と支援を行っております。ドキュメントソリューションでは、Avision, Inc.等の世界的な大手製造企業とのパートナー提携で、特長のあるスキャナモデルとそのアプリケーションを提供。また、EMC, OpenText等、世界の主力ソリューション企業によるソフトウェアとの連携で業務ソリューションの開発と提供を行っております。

Avision, Inc.について;

台湾に本部を置く世界的規模のスキャナ製造メーカーで、各スキャナブランドメーカーやMFPメーカーへのOEM製造が中核業務。TWAINの標準化委員会でのリーダー的役割を果たし、ドライバー開発と連携する様々なアプリケーションの開発実績を豊富にもつ、文字通りスキャナの世界的なリーダーの一社。日本では株式会社NEXXとの業務提携で、NEXXを通じ、日本市場向け版の開発や、アプリケーション開発のサポートを推進している。

各種お問い合わせ、製品写真・デモ・サンプル機等のご請求は下記あて;

【メディアお問い合せ窓口】
 Eメール: press@nexx.co.jp
 電話: 03-3511-7157
 メディア担当(マーケティング部)井口

【販売店様・ユーザー様お問い合わせ】
 Eメール: info@nexx.co.jp
 電話: 03-3511-7157
 製品担当: システムソリューション部